2018年の投稿

1月30日(火)18:30~ 新春例会

事業名称
1月度新春例会
実施日時
2018年 1月30日(金) 例会開始:18:30~
開催場所
都ホテル ニューアルカイック3F 鳳凰の間
尼崎市昭和通2-7-1 TEL 06-6488-7777
登録料
5,000円

メンバー全員で大原理事長の所信を共有し、一つの目標の実現のために心・想いを一にしていただく機会です。忘れずにご予定おき下さい。


1月20日~21日 京都会議&LOMナイト

事業名称
京都会議の参加企画及びLOMナイトの設営
実施日時
各種セミナー
2018年 1月20日(土)10:00~
国立京都国際会館
京都市左京区岩倉大鷺町422番地
セミナーの詳細は日本青年会議所ホームページをご参照下さい
http://www.jaycee.or.jp/2018/topic/kyoto/1662
LOMナイト
  2018年1月20日(土)受付開始18:00 開会18:30
隈本總合飲食店‐MAO‐
京都市中京区東洞院通り錦小路上る元竹田町644
登録料6000円
宿泊先
15時よりチェックイン可能
たき川旅館
京都市下京区東洞院通花屋町角
新年式典
2018年1月21日(日)9:30~
国立京都国際会館
京都市左京区岩倉大鷺町422番地

京都会議は公益社団法人日本青年会議所に属する全国のメンバーが一堂に会し、その年のJC活動のスタートを切る場であります。また、21日(日)には、公益社団法人日本青年会議所の運動理念や事業計画について、池田会頭より会頭所信という形で表明される場でもあります。今年度の尼崎青年会議所運動の原動力とすべく、セミナー・フォーラムに参加し資質向上を図り、メンバー全員で会頭所信を拝聴し、その内容を共有するとともに、存在意義を考察することが、尼崎青年会議所のさらなる発展に不可欠と考えております。
さらに、尼崎を離れた京都の地でメンバーが集結し、今年度のJC活動を通じて、限りなき可能性を信じて成長することを願い、活気溢れる活動の一助となる契機と考えてLOMナイトを開催いたします。


第59代大原隼人理事長より新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。平素は、一般社団法人尼崎青年会議所に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨年は近畿地区大会尼崎大会を開催させて頂き、尼崎の魅力を近畿地区内の皆様に大いに発信することができました。これもひとえに多大なるご尽力をいただきました関係する皆様のお力の賜であります。重ねてお礼申し上げます。
2018年は「前途洋々」をスローガンにメンバー一丸となって明るい豊かな社会の実現のため運動を発信してまいります。今年度も変わらぬご指導、ご鞭撻、ご支援の程をよろしくお願い申し上げて、新春のご挨拶とさせていただきます。


尼崎の歴史物語 第1回「琴の浦の由来」

171121尼崎の歴史01

学問の神様として知られる菅原道真公は、早くからその才能を見込まれて出世しましたが他の貴族からの嫉妬も受けることとなり、901年(昌泰の変)により現在の福岡県にある太宰府(現在の福岡県太宰府市)に左遷されました。

道真公は、自宅の梅に別れを告げて舟で淀川を下り任地へと向かいましたが、道中で様々な足跡を残しています。大阪の淡路という地名は、当時中州だった淡路のあたりを見た道真公が淡路島と勘違いしたことに由来することはよく知られているとおりです。

淀川を下り瀬戸内海を出た道真公は、尼崎の沿岸をとおり、ある風景に感動し舟を止めて上陸されたそうです。「ここは殊のほかのよき浦なり松は琴柱の並びたるが如し」とおっしゃったそうです。2013年に開校した琴ノ浦高等学校は道真の故事に由来する校名です。
琴柱とはことじと読み、琴の胴の上に立てて弦を支える部分のことです。海岸に立ち並ぶ松を琴柱に見立てて賛美した道真公の洞察力は、まさに学問の神様と讃えるにふさわしいものです。

道真公もとおったように、尼崎は古くから交通の要衝として栄えており、その痕跡は弥生時代の遺跡から出土した遺物からも明らかとなっています。弥生時代の尼崎の姿は次回以降の更新でお伝えしたいと思います。