会員拡充委員会 | 尼崎青年会議所

会員拡充委員会

会員拡充委員会
委員長 山田 英生

拡大委員会 委員長 山田 英生

会員拡充委員会 基本方針

未知のウイルスは日常に大きな影響を与え、尼崎青年会議所の運動においても制限を受け、顔を合わせて触れ合う機会の減少から、尼崎青年会議所の魅力に触れにくい環境になりながらも、メンバーの人間性による拡大がなされてきました。メンバーの減少が顕著な今、我々一人ひとりが尼崎青年会議所の魅力を再認識し、組織的かつ持続的な拡大がされ、メンバー自身も充実する、魅力に溢れた拡充運動に取り組む団体である必要があります。
まずは、拡充対象者へ十分な魅力を伝えるために、真摯に拡充対象者と向き合うことで、入会後も継続的に青年会議所運動に取り組み、自身の成長と地域と団体のために活動し続ける人財が集う場となります。そして、我々が尼崎青年会議所の存在意義を再認識するために、今一度創始の理念に想いを馳せ団体の成り立ちや運動の在り方について振り返ることで、各々が自発的に継続して拡大し続ける団体となります。さらに、すべてのメンバーが青年会議所運動に寄与するために、メンバー同士が継続的に交流し友情を育む機会を創出することで、どんな困難にもお互いに声を掛け合い強い絆で結束して乗り越えていく団体となります。また、尼崎青年会議所の魅力を体験し全員が充実した時間を過ごすために、諸先輩方の想いや実績、経験に触れ、魅力を再認識することで、多様な人財が集い、メンバーが自らの想いで団体の良さを伝えていけるようになります。そして、卒業生の根底にある想いを継承し次の世代へ繋ぐために、華々しい舞台の感動を共有し、その期間が有限であることを実感することで、現役メンバーが今後も活躍し続ける原動力となります。
この変革期において、我々が青年会議所運動の本質を理解し取り組み続けるようになった結果、周囲へ魅力が伝播し持続的に会員が拡大し続け、活気に溢れた地域の若者が集い、明るく豊かな社会の実現に向け熱く語り合い、魅力的な人財の尽きない団体となります。

事業計画

1.会員拡充の実施に関する業務
2.SDGsの推進に関する業務
3.仮入会員及び正会員の理事会上程
4.会員拡充計画の作成並びに実施報告
5.2月度例会の企画運営
6.12月度例会の企画運営
7.阪神7青年会議所合同事業の参加窓口業務
8.近畿地区大会高槻大会の参加窓口業務
9.例会3回欠席者の報告並びにアテンダンス窓口業務
10.シニアクラブ拡大担当の窓口業務
11.理事長公務の補佐
12.理事長諮問に対する答申業