広報戦略会議 | 尼崎青年会議所

広報戦略会議

広報委員会方針
委員長 田中 健

広報委員会方針 委員長 田中 健

広報委員会 基本方針

尼崎青年会議所の広報活動は、時代の変化とともに様々な工夫を凝らしながら、情報発信を行ってきましたが、その担い手であるはずのメンバー自身が、JC運動の本質を深く理解できていない現状があります。我々自身が、JC運動の本質に対する理解を深め、支援してくれる存在である家族や友人に対して青年会議所の魅力を認知してもらうとともに、市民からの期待と共感を得て、今まで以上に応援される団体へと変革する必要があります。
まずは、情報発信の担いの要となる人脈を広げるために、全てのメンバーに対し、会員拡大の重要性を発信することで、拡大に対する意識が向上され、我々の組織に新しい仲間を多く迎え入れます。そして、家族や友人、市民の方々に、我々の運動や活動に対する理解と共感を高めるために、ホームページやSNS等を活用し、尼崎青年会議所の想いや活動、メンバーの魅力的な姿を伝わりやすく発信することで、JC運動の認知度が向上します。さらに、メンバー一人ひとりが共通の目的意識を持って運動を展開するために、事業や例会の趣旨に対する造詣を深め、組織理念の共有と浸透を進めることで、メンバーの活動意欲が高まります。また、JC運動の原点を再認識し、メンバー自身がJCをより理解するために、過去の活動の軌跡を学ぶことで、メンバーの組織への誇りと愛着を育みます。
そして、尼崎青年会議所の存在価値を向上させるために、一貫したメッセージ発信の有効性を学び、SNSの特徴と実例を的確に捉え、全てのメンバーが自己プロモ-ション力を強化することで、組織としての尼崎青年会議所のブランディングと発展に繋がります。
JC運動の本質に対する理解を深化させたメンバー一人ひとりの姿勢が地域に伝播し、これまで関心がなかった方々からも共感を呼び、時代の変化に柔軟に対応する組織として、より地域から必要とされる存在に成長した尼崎青年会議所が、「新しい尼崎の未来」を創造します。

事業計画

1.会員拡充の実施に関する業務
2.SDGsの推進に関する業務
3.広報戦略の作成並びに運営及び実施報告
4.4月度例会の企画運営
5.8月度例会の企画運営
6.10月度阪神7青年会議所合同例会の参加窓口業務
7.賛助会員募集の窓口業務
8.各種メディア並びに地域に対する広報活動業務
9.理事長公務の補佐
10.理事長諮問に対する答申業務