広報戦略会議 | 尼崎青年会議所

広報戦略会議

広報戦略会議
副議長 矢部 宏

広報戦略会議 副議長 矢部 宏

広報戦略会議 基本方針

尼崎青年会議所は、まちのより良い発展を目指して運動に取り組んでいますが、市民には十分に伝わっていない現状もあり、我々の存在や運動の認知が低い状況に置かれています。自ら変化を求める尼崎青年会議所は、新たな活動に挑戦する仲間や人とのつながりを大切にする魅力を、市民に認知、共感されるだけでなく、運動や活動に真摯に向き合う会員の姿勢が市民に伝わり、魅力に賛同する人びとが自然と集う団体になる必要があります。 まずは、尼崎青年会議所の運動に共感する同志を増やすために、人とのつながりを活用できるソーシャルメディア上で会員の活動や向き合う姿勢の情報を未来の同志と共有し、多くの情報に触れることで、親しみを感じ共感する同志が集まり会員拡充につながります。そして、多くの市民に青年会議所の運動を認知してもらうために、他府県や日本、世界の運動に取り組む青年会議所の魅力を現在だけでなく過去も含めた様々な情報を発信し、市民から興味を抱いてもらうことで、青年会議所の認知度と信頼性の向上につながります。さらに、尼崎青年会議所を広く周知してもらうために、会員が運動に向き合う姿勢や市民が興味を抱く尼崎の様々な魅力が伝わりやすい映像を制作し発信することで、人財の魅力が共鳴され、市民と共に取り組むまちづくりの気運が高まり団体の認知度が向上します。また、我々が運動の魅力を認識しより高い伝達力を学ぶために、青年経済人としての言葉の重さや大切さと発信の重要性を学び、時代に即した効果的な発信ツールの活用方法や相手に伝わる発信方法を会員が理解することで、団体としての資質向上へとつながります。 言葉の重さと発信の重要性を理解した新たな戦略に基づいて、人財の魅力と運動が効果的にまちの人びとに伝わり尼崎の魅力も他地域へ伝播され団体の期待と信頼が向上した結果、尼崎JCブランドが構築され自然と人が集い地域から必要とされる存在へとなります。

事業計画

1. 会員拡充の実施に関する業務
2. SDGsの推進に関する業務
3. 広報戦略の作成並びに運営及び実施報告
4. 7月度例会の企画運営
5. わんぱく相撲の参加窓口業務
6. 全国大会栃木大会の窓口業務
7. 10月度阪神7青年会議所合同例会の参加窓口業務
8. 阪神7青年会議所合同事業の参加窓口業務
9.賛助会員募集の窓口業務
10.各種メディア並びに地域に対する広報活動業務
11.出向者の統括窓口及び出向者支援業務
12.理事長公務の補佐
13.理事長諮問に対する答申業務