「記事一覧」の記事一覧

記事一覧


7月度理事会

7月度理事会内容

こんにちは!広報委員会です。7月の理事会では地域連携委員会と青少年委員会による8月の合同事業サマーフォーラム〜考えよう!まちとこどもとわたしたち〜の議案が審議可決されました。

8月合同事業 審議可決

8月合同事業 審議可決

コロナ感染者が増加している状況下なのでwebによるライブ配信を取り入れての開催予定です。

尼崎青年会議所ではコロナ感染症の影響により例会や事業をを自粛しておりました。今後の活動に向けて、コロナと向き合いどのように例会や事業を開催すべきかを理事会で会議を重ねております。例会や事業を開催するにあたってウィズコロナを踏まえて内容を構築しなければなりません。止まっていても何も始まりません。尼崎青年会議所のメンバーの資質向上と尼崎の活性化のためにも、この状況の中で出来る方法を模索しております。現在ではインターネット環境が整っているのでリモートでも発信する術は多くあります。ソーシャルディスタンスを保ち、今までとは違う形ではありますが尼崎青年会議所の活動を発信して参ります!


2020年度2月度例会〜笑いに学ぶ魅力伝達術〜

2020年2月21日 尼崎市中小企業センターにて2月度例会が実施されました。

理事長挨拶

理事長挨拶

2月度例会〜笑いに学ぶ魅力伝達術〜

サブタイトルを笑いに学ぶ魅力伝達術と題しまして日本初の漫才式セミナー講師や放送作家としてご活躍中のWマコト氏にお越し頂きご講演をして頂きました。

W委員長

W委員長

講演が始まる前には山口委員長とニ正寺副委員長で軽く漫才を披露したのですが、会場の反応を見る限りではダダスベリでした。例会後には笑いに学ぶ魅力伝達術を身に付け面白くなっているはずです!

Wマコト

Wマコト

2月度例会の目的

メンバーがコミュニケーションスキルを高め積極的にJC運動に取り組めるようになることを目的とし、メンバー外の皆様におかれましては尼崎青年会議所の例会が資質向上の場であることを知って頂き入会の動機付けになることを目的とし2月度例会を開催いたしました。

例会内容

例会模様

例会模様

バラエティーから学ぶ究極のコミュニケーション術では

  • 笑顔術(鶴瓶流)では笑い上手→聞き上手→話上手 笑顔ひとつでポジティブな空間が実現できる。
  • 相槌術(さんま流)では話を聞きだすコミュニケーションの相槌
  • 承認術(松本流)では〇〇は〇〇がステキ!コミュニケーションの承認 いいとこだけを見る。人は関係性の中で生きる生き物

などを例にしバラエティーから学ぶコミュニケーション術を伝授してもらいました。コミュニケーションをとる際に笑顔術、相槌術、承認術を取り入れることで気持ちの良いコミュニケーションがとれそうな気がしました! 参加型コミュニケーション講座では自分の魅力を書いてもらった名刺を交換し自己紹介をしたり、自己紹介よりさらに踏み込んだ話を対談形式で行うなど、講演で学んだスキルを活かし実践いたしました。

いい笑顔で対談できているとは思いませんか?講演で学んだスキルを活かせているように感じれました!

その他にも立ちトークを実践いたしました。立ちトークのポイントは、話す→聞く→アドリブ→伝える→サポート、一人がチームのためにチームが一人のためにを意識して実践いたしました。

2月度例会ではWマコト氏から多くのコミュニケーションスキルを学ぶことができました。

  • 徹底した挨拶を心がけることで相手と良い関係を築ける。挨拶は続けることが大事!
  • 誰に対しても関心を持つことが大切。関心を持ってコミュニケーションをはかることで苦手がなくなる。
  • どんな時にでもご機嫌である。ご機嫌なコミュニケーションを心がけることで誰もが接しやすくなる。
  • 客観視力が大事。全体を見れる力が大切。振り返りをすることで客観視力ができるようになる。
  • 人の悪口を言わないこと。陰では褒めること。日向口が大事。
  • 大人が笑う回数は1日平均8回ですが、子どもは平均200回。笑うことで実際に楽しくなる。

コミュニケーション能力は生きていく上でとても必要なことです。良い対人関係を築くにはコミュニケーション能力は欠かせません。コミュニケーション能力が高ければ仕事でもプライベートでも円滑に良い対人関係を築くことにつながると思います。尼崎青年会議所のメンバーにとって2月度例会は素晴らしい学びになったと思います。

設営担当委員会 委員長挨拶

講師に漫才式セミナー講師としてご活躍されているWマコト様をお招きし、笑いやコミュニケーションを活かして魅力発信や人間関係をより良くするスキルを学ばせて頂きました。 講演中は終始笑いが絶えず、会場が一体となって時を忘れるほど引き込まれ、盛り沢山の学びと笑顔を頂きました。 この経験を今後の尼崎青年会議所運動の発信や組織の活性化に活かせるよう『笑進』して参りたいと思います。

拡充委員会 委員長 山口英悟

拡充委員会 委員長 山口英悟


2月度例会〜笑いに学ぶ魅力伝達術〜のご案内

2月度例会〜笑いに学ぶ魅力伝達術〜のお知らせ

ssss

2月21日㈮18:30より尼崎市中小企業センター1階大ホール(兵庫県尼崎市昭和通2丁目6-68)一般社団法人尼崎青年会議所2020年度2月度例会〜笑いに学ぶ魅力伝達術〜を開催させていただきます。講師に日本初漫才式セミナー講師であるWマコトのお二人をお招きして、笑いやコミュニケーションスキルを活かした魅力伝達方法をご講演頂きます。

2月度例会の目的

メンバーがコミュニケーションスキルを高め積極的にJC運動に取り組めるようになることを目的にしており、メンバー外の皆様におかれましては尼崎青年会議所の例会が資質向上の場であることを知って頂き入会の動機付けになることを目的にしております。

設営担当委員会委員長からの一言(拡充委員会)

コミュニケーションスキルが高まることで、JCの魅力がより発信しやすくなり新たに出会う人に今まで以上にJCの魅力を伝えることができ、本年度の拡充活動に期待ができます。メンバー間の人間関係がより円滑になることで組織の一体感が高まります。メンバーの皆様におかれましては、学びを活かしてJCの魅力を伝えて行きましょう!また、多くの見学者の方にもお越し頂きますようお願い申し上げます。


2020年度新春例会・懇親会

2020年1月24日 都ホテル尼崎にて一般社団法人尼崎青年会議所の新春例会・懇親会が開催されました! 理事長所信表明 理事長所信表明

理事長所信表明

第61代後藤康仁理事長がスローガン『破天荒』を掲げ、2020年度の方向性を示しました。「2020年度は地域貢献・人材育成・組織の活性化この3つを柱とし、破天荒の意味である大胆かつ豪快だけではなく、本来の意味である今までなし得なかったことに新たに挑戦する年にする」と本年度の方向性を発信されました。尼崎青年会議所がこども達と夢を語れる『まち』尼崎を目指していくことの気概と覚 悟をもったうえで、時代の変化を的確に捉えて運動を展開していくという強い決意が感じられました。

ご来賓

  • 尼崎市長稲村和美様 
  • 兵庫県阪神南県民センター長成岡英彦様
  • 尼崎商工会議所事務局長小林史人様
  • NPO法人あまがさきエコクラブ平岡正人様
  • 尼崎青年会議所シニアクラブ会長増富忠義先輩をはじめといたしますシニアクラブの皆様

ご多忙の中、ご来賓としてご出席していただき心よりお礼申し上げます。

例会の部

2020年度初めての例会ということで緊張感もあり素晴らしい例会でした。

バッチ授与

新入会員新たな仲間になる3名の新入会員のバッチ授与がございました。
2020年度は拡大を目的にするのではなく、我々自身 も成長し、我々と志を同じくする仲間を集うということを胸に刻み込んで会員の拡充 に邁進してまいります。

懇親会の部

オープニング

双星高校書道部 書道パフォーマンス

双星高校書道部 書道パフォーマンス

 

書道パフォーマンス 理事長による一筆

書道パフォーマンス 理事長による一筆

懇親会の部ではオープニングで双星高校書道部による書道パフォーマンスを披露していただきました。書道パフォーマンスのクライマックスは後藤理事長自らが一筆を入れました。その姿はまさに破天荒そのものでした。

鏡開き

鏡開き

鏡開き

 今年のスローガンである破天荒の掛け声で鏡開きが行われました。

歓談模様

乾杯後は楽しく歓談しておりました!

2020年度理事・役員紹介

2020年度執行部

2020年度執行部

ご来賓の皆様に2020年度の執行部・各委員会の紹介が行われました。
委員会紹介では各委員会のスローガンをメンバー全員であいうえお作文で発表いたしました。

出向者紹介

2020年度の出向者の紹介もございました。
出向で得た学びをLOMに還元してもらうために1年間頑張っていただきます!

若い我らでFINALE

若い我ら

若い我ら

懇親会の最後はお馴染みの若い我らで肩を組みあい幕を閉じました!
新春例会の設営は髙木孝太郎委員長率いるアカデミー委員会の担当でした。
入会3年未満の委員会メンバーで構成されており、2020年度初めの例会ともあって苦難の連続だったと思いますが、素晴らしい設営でした!アカデミー委員会の皆様お疲れ様でした!

尼崎青年会議所 集合写真

集合写真

尼崎青年会議所集合写真

2020年度破天荒のスローガンの下、地域のために邁進して参ります!

 


京都会議

2020年度京都会議に参加致しました。
今年はアップデートというテーマのもとで、組織改革・社会・国家・国際の各フォーラムが開催されました。各分野での有識者の方々のご講演を拝聴し、とても有意義な時間を過ごすことができました。今後のLOM運営はもちろん、社業や私生活にも還元してまいりたいと思います。

京都会議LOMナイトは防災委員会の皆様が設営してくれました。LOMメンバーと京都の地で楽しい時間を過ごすことでより一層絆が深まりました。

ブロックナイトは兵庫ブロックへ出向している藤田副理事長が委員長を務めるJC運動発信委員会による素晴らしい設営でした。セクレタリーで出向しているメンバーも頑張っていました。後藤理事長率いる尼崎青年会議所メンバーも大人数で登壇し、後藤理事長の破天荒な意気込みを京都の地で発して参りました。

 

 



1 / 212